BLOGブログ

禎子の折り鶴を世界中の人に届けるプロジェクトについて

キャステムと⼀般社団法⼈ 禎⼦の折り鶴は、2021年1⽉19⽇(火)に「禎子の折り鶴を世界中の⼈に届けるプロジェクト」を発足致しました。
今回、禎子さんが最後に折った折り鶴(実物)を3Dスキャンすると共に、そのスキャンデータを⽤いてこれまで培ってきた技術で金属化・量産し、紙製の折り鶴を金属製の永遠の折り鶴としてよみがえらせ、『SADAKO』 と命名し世界中の⼈のもとへ届けます。
IMG_2095 修正.jpg

・禎子の折り鶴の現状
現在、「禎子の折り鶴」は、佐々⽊家と広島平和記念資料館内に残るものを合わせ100羽程度しか残っていません。⽇本及び世界各地から「禎子の折り鶴」の寄贈の依頼が佐々木家にありますが、数に限りがあるため、全てのご要望にお応えすることができない状況となっています。又、折り紙は紙ゆえに色の退色や紙自体の劣化があるため、その保存には専⾨的な知識と設備が必要となります。
IMG_4373 修正2.jpg

・今後の展望について
世界中の⼈に禎子さんの想いを届けます。お守り・キーホルダー・アクセサリー化し、広島平和資料館を始め、特設サイトを設け世界に向けての販売を予定しております。
発売⽇につきましては広島に原爆が投下された8月6日、若しくは禎⼦さんの命⽇である10月25日を視野に⼊れ取り組みます。

※営利を⽬的にした商品ではない為、たくさんの方のもとに届けやすい価格帯に致します。
※売上の⼀部は寄付を致します。

プロジェクトの詳しい詳細については、プレスリリースをご覧ください。
↓ ↓
【プレスリリース:禎子の折り鶴プロジェクト】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000035017.html

メディア放送
↓ ↓
【NHK NEWS WEB】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210519/k10013037151000.html

【NHK WORLD - JAPAN】
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20210525093930831/

キャステムの取り組み