INFORMATION新着情報

金属製の折り鶴「SADAKO」の販売開始

1945年、広島で被爆した佐々木禎子さんが「病気の回復の願い」として闘病中に折った1000羽以上の折り鶴。
そんな禎子さんが、生前最後に折った折り鶴を大切にお預かりし、キャステムの精密鋳造技術で金属化。
忠実に再現したその折り鶴を、広島平和記念日である8月6日に販売開始しました。
紙製の折り鶴を金属製の永遠の折り鶴としてよみがえらせ、世界中の方へ届けます。

おりづる01.jpg

プレスリリース

自社通販サイト

楽天

Amazon

キャステムの取り組み