BLOGブログ

パニパニファームの今を追跡!!

前回のパニパニファーム特集より時間が経ってしまいましたが、、、

現状をお知らせします。

【現状のトマト
メインの収穫時期は、2月から5月で今は少し収穫量が減ったというところです。
植え替えのタイミングの時期の為、8月11日までの収穫となります。
ですが、現在でも1日の収穫量は15~20キロはあるとのこと。

トマトは、緑色→黄色→赤色と変色していきます。
その過程で、「高温障害」になってしまうトマトもあるようです。
後ほど、記載をしていますが沖縄の気温ですので、高温になりやすいようですね。

トマト状況3.jpg


トマトハウスの中には、純水装置やミスト発生装置などを設置して管理を行っています。

IMG_3572.jpg IMG_3560.jpg 

【選果】
トマトを収穫した後、選果するのですが、糖度計で糖度検査をトマトに行っています。

選果1.5.jpg

【出荷】
このトマトたちは、100%島の駅に出荷されています。

トマト売場2.jpg

出荷スタイルはこんな感じです。

IMG_3550.jpg

【大きな変化】
担当者へ『以前より変化したことは?』という問いに
トマトのメインの収穫時期から人手が減り、5月半ばからは2名で作業を行っている。
そんな中、7月初めから外気40℃・ハウス32℃の沖縄ならではの気温!が、以前より大幅に変化したことだ。大幅な人員減少で人手不足になったことに合わせ、暑さでほんとうに参っている!」と、
担当者から伺いました。

【その他の植物】
パニパニファームでは、他にも様々な植物を植え、育てています。

今年の新入社員も宮古島で入社式を行い、2種類のレモンの植樹を行いました。
1つは、『とげなしレモン

トゲなしレモン.jpg

もう1つは、『とげありレモン
見た目は、トゲがあるかないかなのでほとんど見分けがつきませんね。

トゲありレモン.jpg

ゴーヤハウスだった場所には、現在、マンゴーが植えられています。
3年後の収穫を目処に、育てています。
ゴーヤは人手不足の為、栽培を断念。

【その他、育てている植物】

常夏の野菜やフルーツなどはスーパーで見ることはあっても、育てているところまでは見ることはあまりないですよね。

パッションフルーツ
→つる性。つるを誘引して伸ばす栽培方法を行っています。
来年収穫を予定しています。

パッションフルーツ.jpg

ドラゴンフルーツ
→サボテン科。というだけあってサボテンの様な見た目です。

ドラゴンフルーツ.jpg

パパイヤ
健康に良いということで未熟な青パパイヤを一時期サラダなどで食べるのが流行しましたね。
大きな葉っぱの下で幹の部分に実がなります。(※ヤシの木に近い実のなり方です。)
大きさは、1.5~3メートル近くも成長するようです。

パパイヤ.jpg

他には、
・ライチ
・アボカド
・シークワーサー(去年の新入社員が植樹したもの)etc...

食べる植物ばかり紹介しましたが、観賞用の植物も植えていました。

6月末にはひまわりが咲き誇っていました。

ひまわり前.jpg

このひまわりも7月初めには伐採されました。
次の植物を植えるまでは、ソルゴーと呼ばれる緑肥用の植物を植えていきます。
ひまわりの手前に咲いているのがソルゴーです。

ひまわり伐採.jpg

紹介した野菜やフルーツが成長していくのが楽しみです!
変化していくパニパニファームをまたお伝えしていきますね!

パニパニファームで働いてくれる方募集!!

興味のある方は

株式会社キャステム

TEL:084-955-2221(代表) FAX:084-955-2065

までご連絡下さい!

キャステムの取り組み