BLOGブログ

パニパニファームキャステム竣工式が執り行われました(20180731)

2018年7月30日(月)

パニパニファームキャステムのハウス竣工式が行われました。

5942D040-3F4D-4136-B994-04AB42891B31.jpeg

全天候型のハウスが2棟(1棟:間口8m×奥行35m)が完成しました。

A85355E3-CB2E-4FBD-B439-40C77762D75D.jpegE2A462D4-91CC-48E4-991B-5AC4D812F3DE.jpeg

台風の影響で、

建設中にハウスのドアが壊れるというハプニングに見舞われながらも、

IMG_1716.jpg

ハウスに何ら影響がなかった為、

風速約40キロの台風にも耐えられるという実績を残しました。

ハウスでは、トマトの栽培を予定しています。

栽培方法は、「アイメック農法」と呼ばれる水をほとんど使わず、特殊なフィルムを使用した方法です。

アイメック®農法の仕組み

シンプルで廉価なシステム

アイメック®システムは設置が容易で構造もシンプルで廉価です。システムは給液装置と栽培ベッド(フィルム、不織布、止水シート、2本の灌水チューブ)から構成されています。
灌水チューブから供給された養液がフィルムに浸透し、その養液を求めてトマトの根がフィルム上に張り巡らされます。
フィルムを用いて給水制限をすることで、高糖度・高栄養価のトマトに必要な水分ストレスがかかり、糖分やアミノ酸が作り出されます。

アイメック.jpg1.土壌 2.止水シート 3.灌水チューブ 4.不織布 5.アイメックフィルム 6.根

株式会社農援隊参考:http://nouentai.co.jp/imec/

ビニールの開閉や天井の遮光カーテンは自動で行えます。

ハウスは、設定をすればコンピューター制御で

スマートフォンやタブレットで遠隔操作も可能。

ハウスには、雨量計や湿度ガスセンサー

雨量計.jpg湿度ガスセンサー.jpg

風速風向計・炭酸ガスとボイラーの装置

風速風向計.jpg炭酸ガス。ボイラー.jpg

などが設置されています。

9月に作付けし11月頃から出荷する予定です。

シンガポールやリゾートホテルに販売していく予定です。

4A32AAE6-5ED0-430B-BE00-704ACB210220.jpeg

キャステムの取り組み